目的別トイレリフォーム

目的別トイレリフォーム 人類における進化は文明の発展をもたらし我々の生活を豊かにしてきました。ここ数年における情報技術開発は目覚しく急速に発展しているのは言うまでもありません。人類がトイレというものを設けたのはおそらく千年単位以上前のことでしょうがここ数十年での進化には目を見張るものがあります。ことここ日本においてはウォシュレットを代表とする新しい機能を持った便器が開発されるなど進化を続けています。戦後の荒廃した国土から高度経済成長期を経験し豊かな先進国へと仲間入りをした日本ですが、その豊かさが表現されている一つにトイレもあげられます。
住環境において利便性はもちろんのこと清潔さは追求され続け、トイレリフォームもその代表格です。汲取り式のトイレから始まり上下水道が整備されると平行して水洗トイレへ変わっていきました。それからトイレの形状もしゃがんで用を足す和式便器から腰掛けて用を足す洋式便器が普及していきました。洋式便器の普及率が上がると同時に、便利な機能も付きはじめました。冬でもお尻に冷たい思いをしないでも座れるように便座にヒーターがついたり、お尻を洗浄してくれるウォシュレット機能が誕生しました。
つまりトイレは単に用を足す場所だけでなくさまざまな要求を満たしてくれる空間へと変化し続けています。

■雰囲気に合わせるリフォーム

個性が尊重される時代に変化している中、住環境においても多様性が求められさまざまなデザインの住居が増えました。好みの雰囲気の部屋にするため自らリフォームしたり、水道 評判となっている業者へ工事を依頼する人も少なくありません。そんな中トイレにおいては、便器の交換等がある場合は水道工事が伴うこともあり、業者に依頼しなくてはなりません。そこで業者は、ニーズに応えるため多種多様な雰囲気を表現できるようなトイレ空間を作り上げられるようになりました。
例えば、都会的な雰囲気を感じられるガラス張りのトイレがあったり、小さい子どものためにかわいいデザインを壁に施しているものもあります。また狭小住宅の多い日本では、デザインの工夫で狭さを感じにくくさせる工夫がされることが多く、トイレにおいても例外ではありません。

■空間を意識したリフォーム
トイレをゆったりくつろげる場所にしたい、と実スペースを広く確保するリフォームも少なくありません。半坪ぐらいのトイレもたくさんある中、2坪以上のトイレを作る人もいます。開放的な空間でゆっくりと用を足せるのが魅力なのでしょう。またゆっくり新聞を読んだり読書をしたりする人もいるでしょう。今ではスマホを持ち込んで動画を観賞する人も珍しくありません。
子どもが巣立ち夫婦二人で使うには広くなってしまった家においては、贅沢な空間利用が可能になります。それぞれの部屋を広く大きくするためのリフォームが行われると同時に、トイレも大きくすることがあります。どの部屋も大きくなることで、今までとは雰囲気が変わり気持ちも新たにすることができます。

■使用者の事情を考慮したリフォーム

トイレなどの水周り設備では使用者によって仕様が違ってきます。特に介護が必要な家族がいる家においては、手すりの設置やバリアフリー化が必要になります。その工事が必要になってくるのは言うまでもありませんが、ことトイレにおいても介護するにあたって、便利な機能のある便器の設置が可能です。
例えば、自動開閉する便蓋です。人を感知すると自動で蓋が開きます。介護に手がかかり、手が離せない介護者にとって蓋が自動で開くのはとても便利です。また、ウォシュレット機能においても水温や水勢の調整ができるのはもちろん、洗浄範囲の調整ができるものもあります。

■まとめ
トイレリフォームはさまざまな理由によっておこなわれます。現代のトイレはその多種多様な事由に対応しながら進化してきました。むしろトイレそのものから新しい機能が誕生し、新しい使い方の提案がされていると言っていいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース